スポンサーリンク

「英語の勉強やる気が出ない・・・」やる気を出す・維持する為に役立つ「5つ」の方法!

落ち込んでいる男性 英語学習についてのあれこれ

「勉強をしたい気持ちがはあるんだけど、なんかやる気が出ない・・・」

「なんでかわからないが、やる気が出ない・・・・」

「英語の勉強が続かない・・・」

なんて思っている方もいるのではないでしょうか?

英語学習だけに限った事ではないですが、何かを続けるって本当に難しい事です。

初めの数日、数週間ぐらいなら継続できるんだけど、何ヶ月・何年も続けるというのは本当に難しい事。

英語の勉強も筋トレやスポーツと同じように、継続してこそ上達するものです。

ですので、英語学習にとってやる気というのは凄く大事だと思うんです。

やる気が無いだけで集中力も効率も全然違ってくる。仕事でもそうだし、英語学習でもです。

僕も、何度も経験がありますが、

「英語の勉強をしようと思っていても、なんだかやる気が出ない・・・。」

「なんとか勉強を始めてみたものの、すぐに飽きてしまう・・・・。」

なんて事、よくあります。

そんな時に無理をして勉強しようとしても、効果はあまり期待できないんですよねー。

だからと言って、やる気が出ないからと言ってやめてしまっては、それが癖になり結果的に英語学習自体をやめてしまうってことになりかねません。

ですので、少しでも自分のやる気を上げるために、やる気を維持するために色々と試行錯誤をしています。

そんな、「やる気を出す・維持するためにしている5つ方法」についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

やる気を出す為・維持する為にしている「5つ」の事

夕日と2人の男性

僕が、やる気が出ない時・維持するために試していることは、

  • 「好きな映画・本を英語で見る、読む」
  • 「何か結果に残る試験を受けてみる」
  • 「外国の方と英語で話す」
  • 「海外に行く」
  • 「しばらく英語の勉強をしない」

好きな映画や本を英語で見る、読む

僕の場合ですが、基本的に「英語を聞いたり」「話したり」することには苦痛を感じません。

なので、机に向かって英語の勉強をする気がおきないときは、大抵映画を見ます。

その時は、「英語音声・英語字幕」で見るようにしています。

前の記事「海外ドラマを英語学習にも役立てよう!海外ドラマ「 CHUCK (チャック)」がおすすめ!」でもお伝えしているように、英語学習として見るのではなくて、普通に気分転換に楽しんで見ています。

そうすることによって、映画の中で分からない単語や表現がでてくれば調べるし、全く理解出来なければ、それはそれで悔しいから勉強する気になってくることもあります。

ただ、「英語自体を聞きたくない」とか「見たくない」っという場合は効果はないかもしれません。

ですが、英語の本を読む場合は難しいかもしれませんが、映画などの場合は動きがあるので多少はいいのかなと思います。

何か結果に残る試験を受けてみる

何の試験でもいいから受けてみて現時点での客観的な英語力を数字として確認してみる!

僕が以前に受けてみたのは「TOEIC」ですかね。

そういった試験などを受けた事がない人にとっては、実際自分がどれぐらいの英語ができるのかを客観的にみてみるのも面白いです!

その時に、高得点や目標の点数が取れれば、やる気も上がるだろうし、いい点数が取れなかったとしても「次は取ってやるぞ」ってやる気にさせてくれます。

正直いうと、英語の勉強をしていて、「目に見えて英語が上達している!」っと感じる事って殆どないと僕は思っています・・・。

なんというか、英語の上達って自分自身ではすごく分かりにくいです・・・。

ですので、そういった試験などを受けて見て点数で確認できるのはありだと。

外国の方と英語で話す

この方法が僕の中では一番というほど効果があります!

「周りに英語を話す人なんていない?」

「日本で英語なんて使わない?」

では、自分でその英語環境を作ってしまいましょう!

もう、その方法はどんなことでもいいです。

例えば、

オンライン英会話」や「駅前留学」でもなんでもいいです。

とにかく、「実際に英語を話す環境を作って、英語を使う!」

そうすることで、上手く会話ができなかった時は、「次は頑張るぞ!」と思えるし、反対に上手く会話ができた時は、「上達しているかも!」なんてこともわかります!

やはり、実際に自分が今勉強している事、英語を実際に試してみると言うのは、いろいろな意味で刺激をもらえますので。

何事にも、何かしらの成果や反省がないと、やる気も出てこないのではないかと。

海外に行く

この方法は、人によりますね。

ただ海外に数日旅行に行くだけでもいいですし、数ヶ月と留学するでもいいです。

贅沢を言えば、どうせ行くなら時間とお金が許す限り長期で行けたらいいと個人的には思いますが。

この方法は毎日忙しい方には向かない方法ではあります。

「仕事をしながらは、まぁ無理ですねw」

たまたま、転職する予定ですこし長期で休みが取れるなどと言う方以外は厳しい方法です。

ですが、海外に行って、実際に自分で英語を使って、苦労して、楽しんでみるだけで、英語学習に対してのやる気はかなり変わってくると個人的に思います。

ただ、この方法もいい面と悪い面があります。

いい面は、

「かなりやる気が出る!」

悪い面は、

「もう英語が大嫌いになる・・・。」

です。

現地に行って、英語で自分の言いたい事が伝わらなかったりして、嫌な経験や恥をかいて、「くっそー!もっと勉強していやる!!」っと思う人と。

「はぁ〜、やっぱりダメだ、全く英語が通じない・・・」と心が折れてしまう人もいます。

そればかりは、やってみないと分からないです。

しばらく英語の勉強をしない

まさにそのままの意味ですねw

やりたくなければ、また勉強したくなるまでやらない!

やっぱりなんでも無理矢理やる事はモチベーションが下がる原因でしかありません。

なので、しばらく英語から離れてみるのもアリです。

ただ、注意が必要です!」

例えば、ただただ好きな本を読むのもいいのですが、それだけだと正直言ってモチベーションはあまり変わらないような気がします。

「あぁ〜楽しかった!!」っとなって終わり・・・。

と言うパターンになりますねw

ですので、僕は少しでも、自分の気分を高めてくるような本を読むようにしています。

例えば、『人生の成功についての本』とか『成功する方法はこれ!』的な感じのタイトルの本を選んで読みます。

正直言って、その本を読んだからって、本の通りに成功するかどうかはわかりません。

自分にとって、しっくりくる考え方を発見できたり、違う視点からの考え方などを発見できたりすることもあるので、それによってやる気が出てくる事があったりしますね。

まとめ

こんな感じで、「英語の勉強にやる気が出ない時などに、やる気を出す・やる気を維持する5つの方法」をご紹介しました。

やる気を出す5つの方法をもう一度まとめると

  • 「好きな映画・本を英語で見る、読む」
  • 「何か結果に残る試験を受けてみる」
  • 「外国の方と英語で話す」
  • 「海外に行く」
  • 「しばらく英語の勉強をしない」

やる気を出す方法は、人それぞれあると思います。

それに、やる気スイッチも人によってどこにあるか様々です。

とは言え、英語学習を継続するために共通して言える事は、

「楽しむ事」

そして、

「英語を何かのために使いたいと思う事」

だと思っています。

そもそも、楽しくなければ、英語の勉強なんて続きませんよ。

特に、受験などで必要な場合を除いて、大人になってから英語の勉強を始めるなんて方にとっては。

「仕事から疲れて帰ってきた後に英語の勉強する気になりますか?」

「せっかくの休日に英語の勉強をする気になりますか?」

なりませんよねw

ですので、よっぽど「英語が好き!」「英語を勉強する事が楽しい!」っと思わなければ、英語学習を続ける事は難しい事は想像できるかと思います。

タツキチ
タツキチ

「とりあえず英語を話せるようになりたい」っと言っている人で、英語学習を続けられている人は一体どのぐらいいるのかはわかりませんが、稀だと思うけどなー。

タイトルとURLをコピーしました