英文法「人称代名詞」の基本(I,you,he,she)

i-am-happy 英文法
スポンサーリンク

英文法の「人称代名詞」とは?

「人称代名詞」を簡単に説明すると、

「名詞の代わりをする言葉」です。

「私」「あなた」「私たち」「彼」「彼女」「それら」などの意味を表現する言葉です。

スポンサーリンク

「人称代名詞」

「人称代名詞一覧」

人称人称代名詞所有代名詞再帰代名詞
主格所有格目的格
1人称
(私・私たち)
単数 Imymeminemyself
複数weourusoursourselves
2人称
(あなた・たち)
単数youyouryouyoursyourself
複数yourselves
3人称
(彼・彼女・それら)
単数(男)hehishimhishimself
複数(女)sheherherhersherself
人以外ititsititself
複数theytheirthemtheirsthemselves

英文を作る時に、必ず「主語」があります。

主語として使用するのが、人称代名詞です。

「人称代名詞」は、英語を学習する上で絶対に覚えておく必要があります。

上記の表の順番通りに、語呂合わせのように、一気に暗記してしまったほうがいいです!

例えば、

「I my me mine(アイマイミーマイン)」

「you your you yours(ユーユアーユアーズ)」

と言うように、丸暗記してしまいましょう。

その際に、どれがどのように使われるのかをしっかりと把握してください!

『人称数』の違い

上記の表で、『1人称』『2人称』『3人称』とあります。

英語では誰について話しているのかを明確にします。

「私」なのか「あなた」なのか。

省略してしまうと、誰のことに対しての話なのかが、わからなくてなってしまうからです。

これらの違いは、しっかりと覚える必要があります。

それらの違いを簡単にまとめると。

『1人称・単数』

  • 1人称・単数は、自分自身(I 私)のことをさします。

『1人称・複数』

  • 複数は、私自身と他の人たち(we 私たち)のことをさします。

『2人称・単数』

  • 2人称・単数は、目の前にいる人(you あなた)をさします。

『2人称・複数』

  • 2人称・複数は、目の前にいる人たち(you 複数人)をさします。

『3人称・単数』

  • 3人称・単数は、「私自身と目の前に言いる人(あなた)以外の一人をさします。
  • 男性(he)と女性(she)で単語が変わります。

『3人称・複数』

  • 3人称・複数は、「私自身と目の前にいる人(あなた)以外の複数人をさします。
  • この場合は、男性・女性で単語は変わらずに一つの単語「they」になります。

『3人称・人以外』

  • 3人称・人以外の場合は、「It(イット)」を使って表します。

『主格』『所有格』『目的格』の違い

『主格』『所有格』『目的格』の違いを簡単にまとめると、

ここでは、『1人称』で説明します。

「主格」

  • 「私は〜」と言うように、自分自身のことをさします。

「所有格」

  • 「私の〜」と言うように、自分が所有している物・事柄をさします。
  • 「私の財布」「私の順番」などです。

「目的格」

  • 「私に〜」と言うように、自分に対しての目的をさします。
  • 「このプレゼント、私に?」っと言うような場合に使います。

例文

『1人称の主格、単数の場合』

I am happy.」(私は幸せです)
I am reading a book.」(私は本を読んでいます)」

っと言ったように、「私は〜」と言いたい時に使います。

例文

『1人称の主格、複数』の場合

we are friends.」(私たちは、友達です)
we are going to museum.」(私たちは、美術館にいくつもりです)

「私たちは〜」というように、「自分と他の誰か」のことを言う時に使います。

例文

『1人称の所有格、単数』の場合

My name is Tom」(私の名前はトムです)
「This is my car.」(これは私の車です。)

例文

『1人称の所有格、複数』の場合

「Here is our room.」(ここは私たちの部屋です)」
「Thenk you for coming our party.」(私たちのパーティに来ていただきありがとうございます)

例文

『1人称の目的格、単数』の場合

「Is this for me?」(これ私に?)
「Could you do me a favor?」(ちょっとお願いがあるのですが)

例文

『1人称の目的格、複数』の場合

「Please take us with you.」(私たちを一緒につれてってください)
「He didn’t tell us anything.」(彼は私たちに何も言わなかった)

上記の例文のよう使われます。

他の「2人称」「3人称」でも、使い方は同じです。

『所有代名詞』

『所有代名詞』を簡単に説明すると、

「私の物」「あなたの物」「彼らの物」と言う意味。

『所有格』+『名詞』を一つの単語で表現する。

「mine」を除いて、所有格に「s」がつく形になる。

上記で説明しましたが、

「所有格」は、「my car」「your car」と言った、「自分のもの・事柄」などを言いたい時に使います。

それらと同じ意味で、使われる代名詞です。

例文

二つの文を比べて見てください。

A:「Whose car is that?」(あれ誰の車?)
B:「That is my car.(あれは僕の車だよ)
A:「Whose car is that?」(あれは誰の車?)
B:「That is mine.」(あれは僕のだよ)

上記の2つの例文は同じ意味ですが、使われている単語が違います。

例文

「What a nice car!!  Is that yours?」(かっこいい車だね!君の車?)
「Yeah it is!!」(へへーそーだよ!)

上記のように、質問する時にも、使うことができます。

『再帰代名詞』

上記の表を見ていただけると分かりますが、『再帰代名詞』は、

『人称代名詞の所有格』に、「self」がついた単語です。

これらの意味は、「〜自身」となります。

「私自身」「あなた自身」「彼自身」「彼女自身」「これら自身」となります。

例文

「The girl looked at herself in the mirror.」(女の子は、鏡の中の自分自身を見つめた)
「You should do it yourself.(自分でやるべきだ!)
「Please help youreself to the fruit.」(どうぞご自由に果物をお召し上がりください。)

このように使われます。

ちなみに、最後の例文の「help yourself」は、「ご自由にどうぞ」という意味頻繁に使われます。

「it」の使い方

上記の表の『3人称』の所に「it」があります。

「it」は人以外の物に対して使われるのですが、少し特殊といいますか、わかりにくいです。

ですが、英会話でも、かなり頻繁に使われます。

なので、「it」の使い方はマスターしておきたい所!

「it」の使い方について簡単にまとめました。

「it」の主な用法、

  • 「すでに話題に出た言葉や文を示す」
  • 「itが主語になる表現」
  • 「形だけの主語として使うit」

「すでに話題にでた言葉や文を示す」

例文

「She left a memo on my desk, but I couldn’t understand it.」
(彼女はメモを机にメモを残していったが、内容の意味がわからなかった)

上記の文での「it」は、「彼女が残していったメモ」のことをさしています。

「She left a memo on my desk, but I couldn’t understand the memo that she left on my desk.」

上記の英文も同じ意味ですが、長い・・・そして、少しくどいです。

同じことを、2回も言わなくてもわかります。

ですので、すでに話題に出た言葉や文などは、もう一度繰り返し言わずに「it」を使います。

日本語でいえば、「それ」にあたります。

「itが主語になる表現」

時や天気などの表現をするときに「it」を主語として使うことができます。

例文

A:「What day is it today?」(今日何曜日だっけ?)
B:「It’s(it is) sunday today」(今日は日曜日だよ)
It’s(it is) very nice day today isn’t it?」(今日は本当にいい天気だよね!)
「How is it?」(どんな感じ?)

など、「私」「あなた」「彼・彼女」などの名刺が主語にないような表現では主語として「it」を使うことができます。

この表現は、日常英会話でもとても良く使われますので、是非覚えておきたい表現です。

「形だけの主語として使うit」

例文

It is possible (that) Tom will pass the exam.」(トムが試験に合格する可能性はある)
It was stupied to foget my car key.」(車の鍵を忘れるなんてばかみたいだ)
It takes two hours to get to the airport.」(空港に着くまで2時間かかります)

下の英文の実際の主語に当たる部分は、後ろの文の部分になります。

一番始めの英文を例にあげると、

「Tom will pass the exam(トムは試験に合格するだろう)」の文が実際の主語にあたります。

始めの部分の「It is possible」(可能だ)は主語ではありません。

まとめ

『人称代名詞』は英文を作るのに必す知っている必要があります。

「人称代名詞」や「所有代名詞」「一人称」「3人称」などと言う文法用語を必死で覚える必要はありません。

ですが、最低限、それらはどのように使うのかを把握しておきましょう。

そして、人称代名詞は必ず暗記しましょう。

タイトルとURLをコピーしました