「mean(ミーン)」 の意味と使い方!日常会話で頻繁に使える英語のフレーズ

英語のフレーズ
スポンサーリンク

日常会話でかなり使える英単語である、

「mean(ミーン)」

基本的な意味は「〜を意味する」です。

この 「mean(ミーン)」 と言う単語、かなり使い勝手がいい単語なんです!

特に英会話で、一度は耳にした事があるはずです。

そんな 「mean(ミーン)」 の意味・使い方についてのまとめました。

スポンサーリンク

「mean(ミーン)」の意味

辞書によると、

『動詞』

  • ~を意味する、…とは~を指す[言う]
  • 重要性を持つ、大事である、大切である
  • ~するつもりである
  • 本気で~と言っている、本気である
  • ~が起きる、~になる

『形容詞』

  • 劣った、みすぼらしい
  • ひきょうな、卑劣な、意地悪な、不親切な、人につらく当たる
  • けちな、けちけちする、物惜しみする
  • ささいな
  • 御し難い、扱いにくい
  • とても良い、素晴らしい、格好いい、いかした、粋な

↓↓さらに詳しい詳細は、こちらを参考にしてみてください↓↓

英語「mean」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書
1000万語収録!Weblio辞書 - mean とは【意味】(…の)意味を表わす,意味する... 【例文】What does this phrase mean?... 「mean」の意味・例文・用例ならWeblio英和・和英辞書

「mean(ミーン)」 の使い方

驚いている女性

相手に「どういう事?」と質問する時の表現

僕がまず一番に思いつく表現です。

例文

「What do you mean (by that)?」 (どういう事?)

話し相手が何を言いたいのかわらなかった時に使える表現。

「これを聞くと、いつもジャスティンビーバーさんの歌が頭に流れますね♪」

例文

「What does that mean? 」(それってどういう意味?)

「それってどういうこと?」と聞く時に使える表現。

これは上記と意味的には同じですが、相手が言った言葉の意味などに対して質問する時に使います。

例文

「What does the rice mean? 」(Riceってどういう意味?)

っという感じで、特定の言葉などの意味を聞きたい時に使える表現。

相手が言った言葉がわからなかった時や知らない英単語などが出て来た時に聞く時に重宝する表現です!

例文

「You know what I mean? 」(私の言いたい事わかる?)

会話をしている時に、自分の話している事を相手が理解しているのかを確かめる時に使える表現。

似た表現だと、皆さんもご存知の「Do you understand?」があります。

この表現は、話している内容をしっかり理解しているのかを聞くと言うよりも、「自分が言わんとしている事が分かる?」と聞いている感じです。

例文

A:「What’s her name ?」(彼女の名前なんだっけ?)
B:「You mean Risa?」 (リサの事?)

この表現は、相手が言った事に対して、「それって、こう言う事?」と確認する時などに使える表現。

もし、相手が言った事がわからなかった場合などに、自分の言葉で言い直して相手に聞く時に使う感じです。

この表現は、日常会話でかなり頻繁に使いますよ!

例文

ナタリー
ナタリー

「 I’m gonna go out with Tom tonight.」(今夜トムとデートに行くのよぉ)

マイク
マイク

「So you’re gonna come back home tomorrow then!」(そうなの、じゃあ帰ってくるのは明日の朝だね!)

ナタリー
ナタリー

「 I mean just have a dinner. 」(ただご飯に行くだけよ)

こちらも上記と似た使い方です。

上記は相手が言った事に対して言い直したり、聞き返す場合に使われますが、こちらは自分が言った事に対して使います。

「私が言いたいことは〜」や「そうじゃなくて、こう言うこと!」のようなニュアンスです。

この表現もかなり使える表現です。

初めに言った事が相手に伝わらなかった場合や勘違いしている時に、もっと簡単に言い直す時などに活躍してくれます。

「そんなつもりじゃなかった」と言いたい時の表現

相手が勘違いしている時や、予想外な出来事が起こった時に使える表現です。

例文

「I don’t mean it.」 (そういう意味じゃないんだよぉ)
「That’s not what I meant.」 (そんなつもりで言った訳じゃないよぉ)

日本語で、「そう言う意味じゃなくて!」や「そんなつもりで言ったんじゃないんだよ」と言いた時に使える表現。

2つ目の「meant(メント)」は「mean」の過去形です。

例文

「That’s what I mdean!  」(それが言いたかったんだよ!)

「それそれ!それが言いたかったんだよぉ」と言いたい時に使える表現。

例文

「I’m sorry I didn’t mean to surprise you.」(驚かせるつもりはなかったんだよぉ)
「I didn’t mean to hurt you. 」(傷つけるつもりはなかったんだよ・・・)

驚かせるつもりがなくて、相手を予想外に驚かせてしまった時に使える表現。

日本語でいうとよく「そんなつもりじゃなかったんだよぉ」と相手に対して、予想以上に驚かれた時に使える表現です。

例文

「I meant to tell you. 」(話すつもりだったんだよ)

誰かに何か話をしようと思っていたけど、忘れていた・・・。

「話すつもりだったんだよ〜」っと言いた時に使える表現。

または、何か話しづらい事があって、話す前に相手にバレてしまった時などの時にも使えます。

「重要だ(でない)」と言いたい時の表現

例文

 「It means nothing/a lot to me .」 (そんな重要じゃないな/ 重要だ!)
「You mean so much to me.」 (おお! 我が心の友よぉ〜)
直訳すると、「私にとって意味がない(ある)」と言う意味です

その他の表現

「We’re done I mean it. 」(私たちもう終わりよ! 本気だからね!)

色々あって、別れを告げる時に・・・。

文末につけて、「本気だからね!」と言う意味で使います。

例文

「you’re so mean!! 」(いじわるだなぁ)
誰かに、いじわるされた時などに言ってやりましょう!

例文

「He is mean. 」(あいつ、いい奴だよなぁ。)
上記の意味とは反対の意味もあります。「He is cool!」と同じ意味合いで使われます。

まとめ

このように「mean(ミーン)」っという一つの英単語に様々な意味と使い方があります。

普段の日常会話で毎日のように使われる表現の一つなので、この表現をマスターするだけでも、英語での表現が広がりますし、自然な英会話になるはずです!

映画や海外ドラマなどを見ていても、頻繁に出てくる表現です。

もし、この表現を使う場面が分からないならば、

英語音声で映画や海外ドラマなどを、少し気にして見てください。

そうすることによって、映画やドラマの中のシーンの中の状況を参考にして、実際の会話で使うタイミングや意味がイメージしやすくなりますので!

タツキチ
タツキチ

使い方をマスターして、普段の英会話でどんどん使おう!

タイトルとURLをコピーしました