英語の発音を学ぶ・練習するなら「Mastering the American Accent」がおすすめ! 

英語たんがいっぱい リスニング・発音の勉強法
スポンサーリンク

英語学習をするにおいて発音はとても重要です。

もはや、英語を上達するには避けて通れないと思います。

しかし、 学校で英語の勉強をしているにも関わらず、発音の勉強・練習をした記憶がある方はあまりいないのではないのでしょうか?

発音はライティング・リーディングには直接は関係無いかもしれませんが、「スピーキング」「リスニング」には大いに関係があります。

大げさに言うと、発音がしっかり出来ていないと英語を話せないし聞き取れないと言ってもいいぐらいです。

それぐらい大切です!

英語学習をしていて、発音の学習・練習は疎かにしてしまいがちな方も意外と多いと思います。

ですが、それではいつまでたっても上手に英語を話す事は出来ないですし、聞き取る事もできません。

仮に、TOEICなどのテストでいい点数をとれたとしても、発音を疎かにしていると実際の会話英語を使う場面では上手に英語を使えないなんてことが起こります。

もし、英語で会話をする事が苦手でも発音が上手ならば、日本語のアクセントで会話をするよりも相手にいい印象を与えられるかもしれませんよ!

もしかしたら「こいつ、英語が話せるな!」って思ってもらえるかもしれません。

それに、何と言っても上手な発音でネイティブスピーカーみたいに会話が出来れば、
「かっこいい」ですよね?

この記事では、僕が実際に発音の学習と練習をしたときに利用していた発音を学ぶ・練習するテキストについて紹介します。

もし、英語の発音を学ぶ・練習するのにどのテキストを使っていいのか迷っている方はこの記事を参考にして見てください。

スポンサーリンク

英語の発音を練習するなら「Mastering the American Accent」

英語の発音を学ぶ・練習するために購入したのが、「Mastering the American Accent (マスターリング・ザ アメリカン・アクセント)」と言うテキストです。

この本は僕が、唯一英語の発音を学習・練習する為に利用しました。

こちらの本はタイトルの通り、アメリカンアクセントを学ぶ為の教材です。

「恐らくご存知の方も多いかもしれませんね」

沢山の方々がとても良い本だと評価するテキストです。

例えば、「母音・子音の発音の違い」「発音の仕方・文のイントネーション・単語と単語のリンキングのやり方」「発音記号の読み方」などなど、発音に関してとても重要な部分が学べます。

ちなみに僕が購入したのは下の本ではなく、古い方を購入しまいた。

現在は、改正版として新しいものが出版されているとのことです。

下記のものは新しいバージョンです。

英語の発音を学ぶ・練習する為にこの本をオススメする理由!

発音のテキストなので、もちろん練習用のCDが付いていますし、自分の耳で聞いて発音の練習ができ、外出中などでも学習が出来ます。

例えば、通勤中などにこのCDを聞きながら、シャドーイングやリピーティングなどの練習が出来るのがとてもいい点です。

発音は実際に声に出して練習する以外に上達させる方法はないので、言ってしまえば実際の発音の音声がなければ勉強にも練習にもならないです。

さらに、この本は学校では教えてくれないような発音の方法を学ぶ事が出来ます。

会話で重要な「イントネーション・リンキング(単語と単語を繋げて読む事)・ストレス(単語のどの部分を強く読むか)」などが学べて練習も出来ます。

僕もこの本で学習するまで発音については「LとR」の発音ぐらいの知識しかありませんでしたが、この本のおかげで、他にも色々な発音の仕方がある事を知り練習する事でさらに上手に会話出来る様になりました。

海外ニュースや海外ドラマなどを見ていて、全く聞き取れないという経験をした事がある方もいるかと思いますが、

「何故聞き取れないか疑問に思った事はないでしょうか?」

「早口だから聞き取れないと思ってはいませんか?」

確かに、それも理由の1つかもしれません。

しかし、他にも理由があります。

それが「リンキング」です。

リンキングは2つの単語を繋げて読む事です。

単語を繋げて読む事によって聞き取れないと言った事があります。

それもそのはずで、僕たちが知っている発音とは聞こえ方が違うからです!

そういった「リンキング」などに関して学べる事が出来るのはとても良かった点です。

それに、この本は全て英語で説明されているのですが、英語で内容を理解する必要があります。なので、ついでに少しリーディングの勉強にもなるかなと個人的には考えています。

個人的にオススメできないと思う点

もちろん、良い点もあればちょっと「微妙だなぁ〜」って思う部分もあ流のですが、個人的に少し「微妙だな〜」と思う部分というのが、この本はすべて英語で書かれています。

なので、まだ英語学習を始めた方には少し学習するのが大変かもしれないという点です。

あとは、この本だけに限った事ではないですが、独学で発音の勉強をするにあたって実際に正しい発音なのかが確かめられないと言った点ですね。

練習用の音声CDが付いてはいますが、自分でCDを聞いて練習するのは良いのですが、もし間違った発音をしていたとしても、誰も間違えを指摘してくれません。

強いて言えば、自分でボイスレコーダーなどに録音し、音声CDと比べながら修正していくという方法も効果的だと個人的には思います。

この点は、しょうがないことなのですが「微妙かもなぁ〜」と思う点です。

ですので、その点を踏まえて学習し、ほかの手段を利用して発音の正確さを確かめて練習していく必要があります。

「英語教室」や「オンライン英会話」「英語が得意な人に聞いてもらう」っと言った手段を併用して学習する事も検討したほうがいいですね。

あとは、この本はアメリカ英語の発音を学ぶ教材ですので、イギリス英語の発音を学びたい方には微妙かもしれないという点も挙げておきます。

チェック!オンライン英会話の活用法は「英語を使う環境を作るため」に利用する!

どのタイミングで発音を学ぶ・練習するべきか?

では、いったいどのタイミングでこの本で勉強した方がいいのか?

個人的には、英語学習を始めてすぐにでも始めてもいいのではないかと考えています。

ですが、上記でもお伝えしていますが、全て英語で説明されているので本当に英語学習を始めたばかりの方には大変かもしれないので覚悟が必要かもです。

そういった方はまずは、英語の基礎を勉強した後の方がいいかもしれません。または、日本語で書かれた発音の本でまず勉強してから、こちらの本に切り替えるのもありです。

その際に、音声付きのもの発音の仕方の画像や動画で説明があるものを選ぶようにしたほうがいいですね。

「Mastering the American Accent」の評価

「Mastering the American Accent」の実際の評判を紹介しておきます。
(Amazonでのレビューの一部引用です)

発音、会話のリズム、リンキング等が綺麗にまとめられている
投稿者 NDJ

アメリカのブロードキャスティング・イングリッシュ(標準的な綺麗な発音)が身に着く本です。

ネイティブではない人、英語を第2外国語として身に着けたい人を対象として書かれているので、説明が親切で平易に表現されています。(読み上げは明瞭ですがネイティブスピードに近いです)

一言で表わすなら「私のモチベーションを最大に上げてくれた本」

色々試したけれど納得行かない私と同じような状況にある方に是非おすすめしたい本です。
投稿者 mamiko

色々な英語音声の教材(オーディオブック等)を聴いてリスニングの能力を強化しようと思っても、何度聞いても全然聞き取れない音が多くて、こうしたことを続けるのは非生産的だと思った方(私がその一人)には、お薦めできる教材です。

勿論、綺麗な発音を身につけたい方にも。

投稿者 MASATO

まとめ

英語学習において発音は本当に重要です。

変な癖がつく前に正しい発音は学習・練習したほうがいいですね。

英語の発音を学習・練習しておけば、結果的にTOEICの点数も伸びます。スピーキングだけでなく、リスニングにも効果がありということですね。

正直いうと「別に発音なんてどうでもいい、取り敢えず相手になんとなく伝わればいいや!」って方は勉強しなくていいです。

それでもし、恥をかいても自分のせいですので・・・。

どうせなら、周りの人達やネイティブスピーカーの人達に「いい発音だね」と褒めて貰える方が嬉しくないですか?

僕自身経験がありますが、上手に発音できるようになると英語を話す事に自信がついて、さらに英語学習に対しモチベーションも上がりますし英語を話すのが楽しくなります!

それに、ある程度は正しい発音が出来ないと相手に自分が言っていることを理解してもらえないと言う事がけっこう起こります。

「僕も、何度も何度も経験があります。」

そんな時、僕たちにとって英語は第二言語なのでしょうがないのかもしれませんが、それでも相手に申し訳ない気持ちになりますね・・・。

タツキチ
タツキチ

そうならないためにも、最低限でも発音の学習・練習はしておきましょう!

チェック!独学で出来るシンプルな英会話の勉強法!

チェック!Amazon Prime(アマゾンプライム)を英語学習に活用できるのか? 実際に利用してみての感想!

チェック!海外ドラマや映画で英語の勉強をする場合「海外ドラマ」の方がいい理由!

タイトルとURLをコピーしました