英語の発音を学習する必要性と発音の勉強方について!

カーテン リスニング・発音の勉強法
スポンサーリンク

「発音を練習をしたいけど、どうやって練習すればいいのかが分からない。」

「発音の練習は本当に必要なのか?」

などと思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、英語の発音の学習・練習って難しいです。

発音の学習・練習する教材などは様々あるものの、どれを選んでいいのか迷いますよね。

なかには、「発音はどうでもいい」「取り敢えず相手に通じればいい」などという意見を聞きます。

たしかに、「取り敢えず相手に通じればいい」と言われればそれまでです。

ですが、「取り敢えず通じればいい」と言っても限度があります。

最低限の英語の発音ができなければ、そもそも通じません!

なので、発音の学習は英語上達に欠かせません。

特に「英語を話せるようになりたい」という方は必須とも言えます!

この記事では、

  • 「英語の発音の学習の必要性」
  • 「英語の発音の勉強方法」

についてご紹介します。

スポンサーリンク

英語の発音を勉強する必要性は?

冒頭でも書いていますが、「なんとなくでも相手に通じればそれでいい」っという意見もあります。

「それならば、英語の発音を勉強する必要はないんじゃないのか?」

っという疑問を持つ方もいるかもしれません。

確かに、「取りあえず相手に伝わればそれでいい」と言われればその通りです!

でも、何度も言いますが、限度があります!

「学校で習った英語の発音」や「日本語での英語の単語の発音」で英会話をしたとして、相手に通じると思いますか?

海外旅行や英語を実際に使った経験がある方はわかるかもしれませんが、

「全く通じないですよね?」

もちろん、相手によっては日本語の発音で「ブック」とか「ボックス」と言っても理解してもらえる場合もあります。

ですが、大抵は難しいです。

その理由は、発音が全く違うからです。

発音が違うと、違う言葉だと相手は判断します。

それを理解してくれるのは、本当に勘がいいのか、日本人の発音に慣れている方だと僕は思っています。

そう考えると、「英会話ができるようになりたい」という方は、発音の学習をする必要性があります!

英会話以外でも発音の学習が必要な理由!

「英会話では発音はとても重要なのはわかるけど、それ以外では必要はないのでは?」

と思う方もいるかもしれません。

たとえ、「英語のテストなどで点数が取りたいだけで、話せなくてもいい」という方の場合でも発音の学習をする必要はあります。

何より発音を学習することは、リスニングにも必要だからです!

何度も言うように、英語の発音と日本語の発音は違います。

ですので、そもそも英語の発音を知らなければ、聞き取れなければ、英語を理解することが難しいと言うこと。

たとえば、発音に関して、

「発音の省略」「発音のつながり」「発音しない音」などの知識があるのとないのとでは、英語を聞き取る上で違いが出ます。

日本の学校で習ったような発音だと、単語を一つずつ発音します。

たとえば、

「I like it.(それが好きです)」

っと言う英文で例えると。

日本語では「アイ ライク イット」のように全ての単語をしっかり発音します。

ですが、実際には、

「アイライキトゥ」

と言った感じに、単語一つずつしっかりと発音することはありません。

もうひとつ、

「I like him.(彼が好きです)」
と言う英文を例にすると。

日本語では、「アイ ライク ヒム」っと発音します。

ですが、英語では、「アイライキム」

っと言った感じで発音します。

英語で書くと、「I likim」のように発音します。

「him(彼)」の「h」を発音せずに、単語を続けて発音するイメージです。

ですので、実際の英文を聞くと「him」としっかり発音していないので、聞き取れないと言うこともあります。

これらは、ほんの一例です。

他にも様々な発音の方法やルールがありますが、それら知識としてでも発音について学習する事がリスニングにも必要だという理由です。

英語の発音の学習・練習方法について

「英語の発音の学習・練習はどのようにやればいいのか?」について。

発音の勉強法はそれほど多くないと個人的に考えています。

  • 「発音の知識を学ぶ」
  • 「とにかく声に出す」
  • 「真似をする」

の3つです。

「発音の知識を学ぶ」

まずは、英語の発音について学びます。

「基本的な発音の方法について」「英語の音の種類」「リンキングなどの発音について」などです。

発音について学ぶのにおすすめなのは、音声または動画がついているものがいいです!

正しい発音を実際の音声で確認しながら、真似しながら学習することが重要ですので。

個人的には、「Mastering the American Accent(マスタリング ザ アメリカン アクセント)」と言う本がおすすめなのですが、

こちらは英語の本ですので、説明は全て英語なので注意が必要です。

発音について学べる本で基本的な部分だけでもいいので、発音について学習します。

「とにかく声に出す」

発音はとにかく実際に声に出して、何度も何度も練習するしか上達はしません!

もはやこれしか上達する方法はないのではないかと。

英語の音声を聞いて、それと同じように発音できるようになるまで練習あるのみです。

これは、一人でも練習はできます。

その時に、できれば単語ごと発音の練習をするのではなくて、文単位で練習しましょう!

そうでないと、「音の省略」「音のつながり」「発音しない音」などの練習になりませんので。

そして、出来るならば、練習と同時に実際の会話をしてみるのも効果的です!

「例文を読んで発音する場合」と「実際の会話で発音する場合」とでは、微妙に違うからです。

実際の会話では、発音の他にも「イントネーション(抑揚)」や「英語特有のリズム」なども重要です。

それらは、実際に会話をすることでしか身につくことは難しいので、積極的に実際の会話をすることが重要です!

実際の英会話で使うことが出来なければ、その発音はまだ身についていないと言うことなので、その場合は、何度も何度もその表現を使って慣れていくしかないです。

「英会話教室」でも「オンライン英会話」でもいいので、実際に英語を使うようにしましょう!

「真似をする」

これは、個人的に重要だと思っていることですが、

とにかく「英語を話している、人の真似をしましょう!」

出来れば英語ネイティブの方がいいですが、最低でも正しい発音で英語を話す人の真似をすることです。

以外と、日本人の方で英語が堪能な方の発音は聞き取りやすい場合があるので、日本人の方の発音を真似してもいいと個人的には思っています。

あとは、海外のドラマ・映画を英語音声と英語字幕で見ながら、実際に自分で発音してみたりするのも効果的です。

その際に、「しっかりと聞いたままの音を真似するように!」

少し大げさぐらいでもいいので、話している人と同じように真似をするようにします。

実際の英会話では英語教材で学んだ通りに発音されるとは限りません。

国や地域によって発音も変わりますので。

なので、まずは、実際に聞こえた通りに発音してみるようにしましょう。

まとめ

発音は、人の真似をして、実際に声に出して、実際の会話で使う事によりどんどん上達していきます。

ただ、英語を聞き流しているだけでは発音は上達しません、

何よりも、実際に声に出す事が重要です!

よく、オーストラリアの英語は訛っているからアメリカ英語を勉強すべきだとか、カナダは訛りがないからカナダ英語の発音を勉強すべきだと言った事を耳にします。

しかし、訛りを気にする前に正しい発音も出来ないのに訛りを気にするのもどうかと思います。

結局、住んでいる環境、周りの人達などの環境によっても変わって来ます。

それに、現在は英語を実際に使うと言っても、英語ネイティブの人達としか英語を話さないと言う訳ではないです。

他の、英語を第二言語として習得した方達とも話す機会も多いです。

タツキチ
タツキチ

そう考えると、英語の訛りはあまり気にする事でもないと個人的には考えています。

タイトルとURLをコピーしました