英語学習を一から、またはゼロから始めるにあたって必要なこと!

スタート 英語の勉強法
スポンサーリンク

「英語学習を一から、またはゼロから始めたい!」

っと言う方に、英会話が全くできなかった僕が、コツコツと英語学習してきた5年間の実体験を元に、

「大人になってから英語学習を一から、またはゼロから始めて実生活で使えるようになる為に必要な事」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

一から、またはゼロから英語学習を始めるにあたって

まず、英語学習を一から、またはゼロから始めるにあたって、

  • 「英語の基礎を学ぶこと」
  • 「英語自体に慣れること」
  • 「英語を使う練習をすること」
  • 「とにかく継続すること」
  • 「英語を使う環境を整えること」

が必要です。

英語の勉強法は本当にたくさんあります。

それに、一概にどの学習法がいいのかも人ぞれぞれだと僕は考えています。

英語の勉強を一から始める時に考える重要な「4つ」のこと!」でも書いていますが、どの程度英語を使えるようになりたいのかによっても、また勉強法は変わってきます。

ここでは、「英語学習を一から、またはゼロから始めて実生活で使えるようにする」ために、必要な事について考えています。

「英語の基礎を学ぶこと」

英語の基礎とは、

  • 「英文法の基礎」
  • 「ある程度の英単語力」
  • 「発音の基礎」

は必要です。

具体的に、どの程度かの目安として、大抵中学校で習う文法という意見がありますが、

僕も同意見です。

さらに言えば、最低でも「英検3級」の範囲の英文法と単語はしっかりと理解しておきたいです。

「英文法」と聞くと「苦手だなー」と思う方もいるかと思います。

ですが、一から、またはゼロから英語を使えるようになるには必要な事です。

そうでなければ、そもそも英語自体理解できません!

「英文を読むことも」「英文を作ることも」「英語を聞いて理解すること」もできません!

なので、最低限の英文法の知識は必要です。

とは言っても、別に「英文法自体」に詳しくなる必要はないです。

「意味不明な文法用語を覚える必要はないと言うことですw」

ただ最低限、基本的な英文法の使い方を理解するだけで十分です。

仮に英文法の知識が豊富にあったとしても、それを生かして英会話などに使うことが出来なければ、意味が全くありませんので!

文法のことに気を取られすぎて、会話ができないのではそれこそ本末転倒です。

英語の発音に関しては、勉強する必要はないという意見もありますが、僕は発音の学習・練習は必要だと考えています。

英語の発音を学習する必要性と発音の勉強方について!」でも書いていますが、発音を学ぶことは英会話にはもちろん、リスニングにも必要です。

「英語自体に慣れること」

英語を一から、またはゼロから始める場合、まず何よりも英語に慣れることが大切です!

「英語に慣れるとは?」

「聞き慣れる」「読み慣れる」「話慣れる」「書き慣れる」ということですが、とにかく英語に触れる時間を作るという意味です。

まずは、英語アレルギーを取り払う必要があります。

そのために、とにかく「英語を聞く」「英語を読む」「英語を話す」「英語を書く」をします。

大抵、英語を聞くと、「意味がわからないから、つまらない」「理解できないから、聞かないふり」をしたりしませんか?

それをなくすために、英語にたくさん触れて、英語アレルギーをなくすことが重要です。

英語を自分の生活の中で当たり前になるぐらいになれば、いいですね!

「英語を使う練習をすること」

英語を一から、またはゼロから始める場合、英文法の勉強や英単語・英語のフレーズをたくさん覚えることは必須とも言えます。

そもそも、基礎知識がないと、何もわかりません。

ですが、ただただ机に座って英文法や英単語を覚えているだけではダメです!

あくまでもここでは、「英語を使えるようになる事」に重点をおいています。

なので、英語を使えるようになるには、英語を使う練習が必須です!

英語知識がゼロの時に、「聞き流しているだけで、急に口から英語が出てくる事」はありません!

そんなことは稀です。

練習することで、徐々に英語を使うことが出来るようになってきます。

その時に、初めから「オンライン英会話」や「英会話教室」に行ったり、はたまた「海外に留学」するよりは、

まずは、簡単で理解できる英語テキストなどを使って、英語の音声を聞き、それの真似をして一人で言う練習をした方がいいです。

そうでないと、いきなり英語で会話をすると言うのは勇気がいりますし、まず会話なんて出来ません。

自分の名前を言うので精一杯です。

結局のところ、これが出来ないので英語が話せないと言っても過言ではないと僕は思っています。

「とにかく継続すること」

最終的に重要になることは、とにかく毎日のように継続して英語の勉強・練習をすることに尽きます。

その辺りは、自分の合う方法で継続するしかありません。

海外の映画・ドラマを英語音声で見るでもいいです、ひたすら英語の本を読むのもいいです。

少し英会話ができるようになったら、毎日「オンライン英会話」をするのも勿論ありです!

とにかく少しでも英語学習を継続することが重要です。

しかし、この勉強を継続することが本当に難しい。

断言できますが、本当に意志が強く、何か目的がない限りは大抵続きません。

「僕自身そうだからですw」

ですので、僕の場合は、強制的に英語を使う環境に追い込むために海外にワーホリで行きました。(もちろん、英語学習だけが目的ではないですが。)

少し極端かもしれませんが、これぐらいやらないと英語の勉強を続けるのは本当に難しいです。

「英語を使う環境を整えること」

海外留学や海外に住んでいる人は別ですが、そうでない人の場合。

おそらく殆どの方はそうだと思います。

その場合、日本にいながら、または英語圏以外にいながら、いかにして英語環境を作るかも重要になります!

最終的に英語を使えるようになるには、やはり実践は必要だからです!

英語のテキストでは学べないこと、例えば、スラングなんて特にです。

それに、実生活では様々なことが起こります。その時にいかにして切り抜けるかなど、どんな状況でも応用が効くようにするには、実践はもってこいです。

そのために、普段から英語を使える環境を作るのも重要です。

現在は、日本にいながらでも英語を使う機会も簡単に作れます。日本全国どこにいても。

「英会話教室」でも「オンライン英会話」でも「リゾートバイト 」でも「外資系の会社で働く」でもなんでもOKです!

とにかく英語を使う環境をいかにして作れるかが大切です!

自身のケース

僕自身のケースを簡単にお話しさせて頂くと、

大人になってから本格的に英語学習を始めたのですが、その時はほぼゼロからのスタートでした。

厳密には、全くのゼロではなく中学校に勉強したことは少し覚えていた程度でした。

なので、「主語」「動詞」「be動詞」などの本当に英語の基本的な部分はウル覚えながらも覚えていました。(不規則動詞なども意外と覚えていました)

ですが、中学の時の文法などすべて一からやり直しました。

そして、英会話の方はというと、全くダメでした。

自分の名前を言うぐらいしかできませんでしたし、「How are you? I am fine」と答えてしまうぐらいのレベルです。

そんなレベルで、ワーキングホリデーを利用してオーストラリアに行きました。

詳しくは、ここでは言いませんが、オーストラリアでも語学学校に4ヶ月のみ通い、あとは独学で勉強しながら、生活の中で覚えていった感じです。

それでも、ある程度の英会話ができるようになるまで、約2〜3年ほどはかかりました。

ざっくりとこんな感じです。

僕のケースですと、どちらかと言うと実際の生活、いわば実践の中でコツコツと学んでいった感じです。

とにかく、英語を使うことに重点をおいて学習をしてきました。

最後に

英語学習を一から、またはゼロから始めるにあたって必要な事を簡潔にまとめると、

  • 「基礎」
  • 「継続」
  • 「練習」
  • 「慣れ」
  • 「環境作り」

とまとめられます。

様々な英語学習方法がある中で、上記の事は英語学習全般において共通していることです!

タツキチ
タツキチ

時間はかかっても、コツコツとやっていれば必ず英語を使えるようになるはずです。

僕自身、ある程度にはなりましたので実証済みです!

タイトルとURLをコピーしました